医者

緑内障は眼科で治療する|目の健康を守る愛サポート

中高年に多い症状

医者と看護師

硝子体が液状化することで飛蚊症が起こってきます。この原因はほとんどが加齢によるもので頭に白髪ができる程度に考えてもよいでしょう。ですが硝子体が濁ることによる飛蚊症の発症は重大な目の病気の前触れになっている可能性があります。

眼圧が高くなる仕組み

女性

緑内障という目の病気の原因は、はっきりしていないものの、眼圧が高くなっていると罹りやすいと言われています。眼圧が高くなる仕組みは眼球の中の房水の量が関係しています。そして視覚障害が起きていても自分ではわかりにくいため、眼底検査などを受けておくのが良いでしょう。

恐い目の病気

男性

目の主な病気として、白内障や緑内障があります。白内障は加齢により水晶体が濁ってくる病気です。緑内障は視野が失われていく病気で、症状の進行を抑えるには、早期に発見することが重要です。そのためには定期的に眼科で検査を受けることが大切です。

定期的に検査をしましょう

身近な目の病気です

目

緑内障とはいったいどんな病気なのでしょうか。年齢を重ねた方が罹りやすい目の病気といったイメージを持っている方も多いと思います。しかし疫学調査からは40歳以上の20人にひとりが緑内障であるという結果が発表されています。そのため、高齢の方だけでなく働き盛りの方にとっても大変身近な目の病気であると言えます。さらに緑内障である方の9割はそのことに気づいていないと言われています。また高齢になるほど患者数も増加していく病気でもあります。そして日本では失明の原因としても大きな割合を占めています。そのため定期的な検査を行い、早期発見をすることがとても大切になる病気です。それでは緑内障には具体的にどのような症状があるのでしょうか。

自覚症状がほとんどない

まず、緑内障になると視野狭窄が起こります。これは視野の縁からその広さが狭くなっていく現象です。また、視野欠損も起こります。これは視野の中に一部見えないところが出来る視野障害です。この症状は徐々に進行していきますが、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。左右どちらかの目が緑内障である場合でも、片方の目が視野の範囲を補っているため、かなり進行した状態でない限り自分では気づきにくいのです。そして狭くなってしまったり欠けてしまった視野を、完全に取り戻す治療はなかなか難しいのが現状です。そのため40歳以上の方はもちろん、眼圧が高いと診断されたことがある方、家族に緑内障になった方がいる場合なども、積極的に定期検診を受けるのが良いでしょう。